高額療養費と医療保険

もし病気やケガで入院や手術をすると治療費等の負担が発生します。医療費の自己負担割合は健康保険加入の場合通常3割ですが、長期間入院して手術を受けたり、何回も治療を受けたりすると、それでも負担は大きくなります。このような場合の負担を軽減するために、多くの人が保険会社の医療保険等に加入して備えています。

ただ、病気やケガへ備える手段は医療保険等に加入するだけではありません。貯蓄で対応することも可能ですし、公的な制度でもある程度は備えることが可能です。日本の公的医療保険(健康保険)には、一定額以上の負担が発生した場合には、高額療養費として限度額までの負担で済む制度があるからです。
 

ユニバーサルファミリーを選ぶ理由

  • 総務部・人事部の責任者の方へ