保険でお金を増やす!? 資産運用型保険

生命保険には、保障と貯蓄の両機能を兼ねた保険があります。いわゆる、掛け捨てではない保険で、このタイプを貯蓄型といいます。主な種類は、終身保険、養老保険、個人年金保険です。

終身保険は一生涯の死亡保障をカバーしつつ、死亡保障が不要になる老後は貯蓄部分を老後資金に充てることができる保険です。養老保険は満期までの間に死亡すると死亡保険金が、生きて満期を迎えると満期保険金が受け取れる保険。どちらかというと、死亡保障を確保するためというより、貯蓄目的で契約することが多い保険です。個人年金保険は、ズバリ、老後資金を作る目的で契約する保険です。

貯蓄型保険の保険料は、予定利率(保険料の運用保証利率)の影響を受けやすく、予定利率が高いと保険料は安い、予定利率が低いと保険料は高いというシーソーの関係にあります。日本は長期にわたって低金利が続いていて、予定利率も低水準に止まったまま。つまり、日本円で運用する貯蓄型保険は、貯蓄性の観点から見ると魅力薄ということ。

そこで、金利の高い国の通貨(=予定利率も高い)で保険料を運用する保険が登場。外貨建保険です。運用する通貨は数種類ありますが、米ドルが多いようです。外貨建は、為替の動きによって、日本円に戻したときに元本割れする為替リスクのある資産運用型保険にグループ分けされます。

資産運用型保険とは、貯蓄型保険の中でも、一部元本割れのリスクはあるけれど、増やせる可能性もある保険と覚えておいてください。

ユニバーサルファミリーを選ぶ理由

  • 総務部・人事部の責任者の方へ