がんになった時に

アフラックの「がん保険」の契約限度は、がん入院給付金:日額6万円です。
日額3万円の保障をご契約された場合を例にとりますと、1カ月(30日の場合)入院された場合には90万円の「がん」による入院保障を用意できます。

ご参考までに次のデータをご覧ください。

アフラックがん保険給付データ
●入院給付金
合計支払日数 365日以上 73,636件
同上     700日以上  8,547件
●合計支払金額
300万円以上 684,301件
500万円以上 280,172件
1000万円以上  49,914件
●がん保険累計支払件数
がん保険累計支払件数3,095,163件
累計支払金額 6兆4670億76万円
(注意)支払件数は支払人数とは異なります。おひとりで複数証券を御契約の方がいらっしゃいます。

(平成27年12月末 アフラック調べ)

長期にわたる入院、短期の入院、治療方法による費用支出の差、<がん>にはいろいろなケースがあります。
「もしも」のリスクヘッジに健康な今、御検討されることをおすすめいたします。

がんは、どうやって治療するの?

「がん」の治療方法としては、以前は、「がん」というと手術治療でしたが、最近では、化学療法が増えつつあり、抗がん剤治療といった化学療法や放射線治療は入院せずに通院で行うケースが増えています。

また、今、「がん」治療において、先進医療が注目されています。「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

ページのトップへ

お気軽にご連絡ください0120-12-9761

メールフォームでのお問い合わせ