がんについて知ろう

がんのリスク

三大生活習慣病(成人病)をまとめると

  • がん(悪性新生物)
  • 脳卒中(脳血管疾患)
  • 心臓病(心疾患)

となります。がんはこの中でも最も多く、37万人を超える死亡者数が平成28年に厚生労働省「人口動態統計」に示されています。この数は交通事故死亡者数の95倍にあたり※1、日本人の3人に1人はがんで死亡している計算になります。※2

がん保険にも様々なタイプがあり、みなさんの生活にあった選択が可能です。

がんとはどのような病気なの?

がんの種類、進行の速さ、治療法など日々、研究が積み重ねられ新しい情報が発信されています。
新しい情報を参考にしていただくために、厚生労働省、国立がん研究センターのサイトをご紹介させていただきます。

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター
予防から治療方法の情報まで、がんの全容を読み解く事が出来ます。
厚生労働省ホームページ
検診の種類や、検診推進事業の情報が網羅されています。

3人にひとりはがんで亡くなる※2

日本人の3人に1人ががんで亡くなっています。※2
がんを克服する最大のポイントは、なんといっても「早期発見・早期治療」です。

※1 平成29年警察庁交通局交通企画課「平成28年交通事故死亡者数」
※2 厚生労働省「平成28年人口動態統計(確定数)」

がんを取り巻く環境について

社会の急速な発展、食文化の変化、医療の発達、変わり続ける保険制度など、がんを取り巻く環境は日々刻々と変化して行きます。
こうした時代の変化を読取り、がんについての知識を学ぶ事はとても大切ではないでしょうか。

「がん」にかかる率は女性のほうが男性よりも若いうちから、高くなります!

ページのトップへ

お気軽にご連絡ください0120-12-9761

メールフォームでのお問い合わせ